デパート・百貨店の本

ビジネス・経済


  • 百貨店サバイバル

    著者/編集: 田中陽
    伊勢丹・三越統合、阪神・阪急統合、大丸・松坂屋統合——大再編・淘汰の時代に突入した百貨店業界の最前線を現場レポートする。「日経ビジネス」集中連載企画をいち早くオリジナル文庫化。
  • 三越伊勢丹 ブランド力の神髄

    著者/編集: 大西洋
    創造と破壊はすべて「現場」から始まる。「大切なことはすべてお買場で教わった」。その圧倒的なブランド力がいかに現場に支えられているか、大西改革の全貌と経営哲学に迫る。 21世紀に入っても日本経済のデフレは続き、個人消費においては極端な二極化が進む。多かれ少なかれ“殿様商売”をしていた百貨店業界の売り上げがシュリンクしていったのは、当然といえば当然の帰結だった。こうしたなか2009年6月、三越伊勢丹ホールディングスでは、大西洋氏が社長に就任。すると、生き残りのカギは「現場力」にありとばかりに、仕入構造改革をはじめ、次々と新たな挑戦を行い、「結果」を出しはじめた。来る16年度からは、第一線の販売員約5,000人の一部に対し、成果給制度も導入するという。 そこで、「三越伊勢丹」という圧倒的なブランド力がいかに現場に支えられているか、バイヤーやスタイリスト(販売員)をはじめとする現場の声を交えながら、大西改革の全貌と経営哲学に迫る。「現場の重要性を忘れた瞬間に、三越伊勢丹という会社はダメになる」と断言する大西社長。経営トップの鬼気迫る思いが結実した渾身の一冊である。
  • リーディング・カンパニー シリーズ 高島屋

    著者/編集: 島田比早子・石川智規・朝永久見雄
    出版社: 出版文化社
    経営統合を目標に始動!新しい高島屋の実力と魅力を満載!! 鈴木社長の幼少時代や入社当時の思い出などをまとめたトップ取材、高島屋の創業時からこれまでの歩み、高島屋のDNAを受け継ぐスペシャリスト5人衆のインタビュー、さらに企業・業界を知りつくした専門家2名の記事をプラスし、盛りだくさんの情報を掲載。 グループの全体像や組織図、役員の略歴、ここ10年間の業績推移、主要商品一覧、採用情報など、高島屋の企業データが付録され、この一冊でこれまでの高島屋の歩みと今、そして未来像が一目でわかります。

サービス・おもてなし

  • 日本橋高島屋コンシェルジュの最高のおもてなし

    著者/編集: 敷田正法
    出版社: 光文社
    「店内に商品がなくても近くのライバル店にあれば、お教えします。行き方も、夏場は日陰が多い道順を、冬場は日が当たる道順をさりげなく案内します」 「心を尽くしたおもてなしは、お客様に必ず届く」を信念に14年間にわたり正面玄関で迎客してきた「伝説のコンシェルジュ」が、「接客の奥義」を始めて記す!
  • 一流のサービスは感動を生む 日本橋��島屋コンシェルジュが大切にする仕事の習慣

    著者/編集: 敷田 正法
    出版社: 日本実業出版社
    著者は、創業180年を越える老舗百貨店・��島屋で、「おもてなし」を最大限にお客様に提供するコンシェルジュ。「ありません、できません、知りません」という返答はタブー。「お客様にとって最善のサービスを提供したい」と考える著者は、お客様の要望に応えるため猛勉強している。「敷田さんに頼めば、何でもしてくれる」と、お客が続々と集まってくるという評判が評判を呼び、「熱血仕事人」として数多くのメディアで取り上げられるまでになった。日々、サービスについて考えを深め、常に改善を重ねることで、お客様から感謝の言葉をいただける。仕事を通じて感動や喜びを得るだけでなく、自分自身の成長、会社の発展、さらには社会への貢献につながっていくことを、実体験をふまえて丁寧に綴る。「毎日楽しく働き、顧客に高いサービスを提供するためには」という自己啓発的な視点で、さらに「セクショナリズムに陥らず、部門を超えて高いパフォーマンスを発揮する組織を作るためには」という視点で書かれた、企業組織論としても参考になる良書。
  • 日本橋高島屋名コンシェルジュに学ぶ人の心を動かす「気遣い力」

    著者/編集: 敷田正法
    出版社: 小学館
    今より100倍人づきあいがうまくいく! 人づきあいが上手くなりたい、 人から信頼されたい、 そして、「長く働いてほしい」と思われたい人にぜひ読んでいただきたい1冊。 敷田正法さんは、「この人に聞けば、なんでもわかる!」 と評判の日本橋高島屋の名物コンシェルジュ。 接客・おもてなし・クレーム対応・情報収集の凄腕で、 定年後も請われて嘱託として働き続け、 年間のべ3万6千人の相談にこたえています。 「苦情をうかがうときは一歩前へ、 お礼を申し上げるときは半歩下がって」 「お詫びは、電話ですまそうとしてはいけません」 などなど、 敷田さんの、相手の心を動かす「気遣い力」は、 ビジネスの場で、プライベートで、 私たちも応用できる人づきあいのヒントがいっぱいです! 巻末付録として お祝い、お悔やみ、お返し、お見舞いの際の マナー、しきたりがコンパクトにまとまった 『高島屋に伝わる「贈り物」の豆知識』つき。
  • 高島屋のしきたり事典

    著者/編集: 高島屋 
    老舗百貨店の門外不出「贈答・おつきあい」教本。 創業180余年・高島屋の“お作法"初公開 高島屋には『高島屋のしきたり』という 各売り場必携の接客教本があります。 全国の高島屋各店の協力のもと、 地方の慣習も盛り込んだ、 まさに【日本の贈答・おつきあいマナーの決定版】ともいうべき一冊。
  • 伊勢丹一流のサービス

    著者/編集: 国友隆一
    安さを求めては、ディスカウントショップへ向かい、自分に合ったものは、ネットで探すなど、昔に比べ消費者には様々な選択肢があります。 当然、デパートもいままでのような位置づけにはありません。 百貨店冬の時代ともいえる現代、多くの有名百貨店ブランドが淘汰されてきました。 しかし、その厳しい中でも「伊勢丹」は確実に顧客をファンにして確かな地位を築き続けています。 その原動力となった最大の要因が伊勢丹の「サービス」だと考えられています。 めまぐるしく移り変わる時代も、「顧客起点」という考え方で、顧客満足の充実を図ってきました。 ときには「売る」ことよりも顧客の都合を優先させるサービス。 伊勢丹の誇る「一流のサービス」がいかに生み出されてきたか、過去にさかのぼり先人たちの工夫が記されています。 サービス業のみならず、すべてのビジネスパーソンに参考になる話が満載です。ぜひ、ご一読ください。
  • 伊勢丹に学ぶおもてなし お客さまとの間に快いつながりをつくる

    著者/編集: 国友隆一
    出版社: 幻冬舎ルネッサンス
    伊勢丹では売り場のことを「お買い場」と呼びます。それはお客さまの立場から考える“おもてなし”の姿勢の表われです。「いらっしゃいませの三つの意味」「お客さまとの会話を楽しみながら本当のご要望を探る」「冠婚葬祭の知識は難しいからこそ勉強する」など、伊勢丹ならではのおもてなしの心を豊富なイラストを使って紹介します。

歴史

  • <三越>をつくったサムライ 日比翁助

    著者/編集: 林洋海
    明治37年、日本初となるデパートを創業し、斬新な広告や催事開催、人材育成などにより「三越ブランド」を確立。慶應義塾で福沢諭吉に学んだ“士魂商才”を実践し、近代日本の商業革新に挑んだ久留米武士・日比翁助の壮烈な生涯を辿る。
  • 百貨店の博物史

    著者/編集: 海野 弘
    百貨店は現代都市文化であるとともに、女性文化であった。女性の風俗史は、そのショッピング・スタイルと切り離せないのだ。これまで多くのファッション史が書かれたが、女性がどこでどのように流行品を買うのかはあまり触れられてこなかった。流行品については語られたが、それを売るお店については語られなかった。
  • デパートを発明した夫婦

    著者/編集: 鹿島茂
    19世紀半ば、パリに産声をあげた、世界初のデパート〈ボン・マルシェ〉。衝動買いを誘うウィンドウ・ディスプレイ。演奏会、バーゲンなど集客戦術。〈必要〉から〈欲望〉へと、消費のキイワードを一変させた天才商人、ブシコーとその夫人の足跡を追う。 「白」の展覧会——大売出しの始まり——バーゲンの終わった1月下旬のある寒い日、売上げの落ち込みを回避する方法はないものかと思案しながら窓の外の冬景色をぼんやりと見つめていたブシコーは、空から降ってくる粉雪に目をとめた。その瞬間、「白」という言葉が頭にひらめいた。業界用語では、白(ブラン)とは、リンネルや綿布などの白生地を使ったワイシャツ、ブラウス、下着、シーツ、タオル、テーブル・クロスなどのことを指す。ブシコーは、暮れの大売り出しと年頭のバーゲンのあと、春物を売り出すにはまだ寒いこの時期に、季節商品とは関係の薄いこの「白物」を集中的に売り出すことを思いついた。かくして、2月の初め「エクスポジシオン・ド・ブラン」と銘打った「白物」の大売出しが始まった。それは、エクスポジシオン(展覧会)というにふさわしい、ありとあらゆる白生地商品のオンパレードで、店内の多くの売り場がこの商品の展示のために使われ、店内はまさに白一色の銀世界と化した

小説・絵本

  • 着ぐるみデパート・ジャック

    著者/編集: 水田美意子
    第4回「『このミス』大賞」特別奨励賞受賞作家による最新作
    大阪駅前の「大阪デパート」を訪れたバーのマスター・無限と、アルバイト店員の千恵は、デパートの乗っ取り事件に巻き込まれてしまう。犯人グループはなんと、パンダやフランケンシュタインのマスクをかぶるなどした着ぐるみ集団。デパートの店員や客とともに、人質として拘束された二人は、脱出の機会を窺っていた。一方大阪府警は、犯人の「文部省を廃止しろ」というふざけた要求に困惑しながらも、事件解決の糸口を見出そうと、ジャック犯と交渉を開始するが・・・・・・。
  • デパートへ行こう!

    著者/編集: 真保裕一
    そこに夢はつまってますか?深夜のデパートで展開される、悲喜劇。ホロリとしてください。 明かりの消えた真夜中のデパートにうごめく人影。その日に限って、なぜか居場所をなくした人々が集まってくる。よからぬ企みを抱く女性店員。生きる希望をなくした中年男。訳あり家出の高校生カップル。道を踏み外した元刑事……。悩める人々がつどう時、奇跡の一夜が訪れる。感涙必至の傑作、ここに登場!
  • リサとガスパール デパートのいちにち

    著者/編集: アン・グットマン, ゲオルク・ハレンスレーベン
    おばさんと、クリスマス・ショーを見にパリのデパート、ギャラリー・ラファイエットにやってきたリサとガスパール。「ちょっと待っててね」といわれたのに、ふたりは休日のおもちゃうりばにもぐりこんでしまって......。リサとガスパールの「おおがたえほん」。
  • アリゲール デパートではたらく

    著者/編集: 植垣歩子
    アリゲールは、旅するわに。旅のとちゅう、ひょんなことから100周年記念でにぎわう「ベイントンデパート」ではたらくことになりました。アイスクリーム屋さんや、おもちゃ売り場など、いろいろな売り場でいっしょうけんめいはたらこうとするのですが…。デパートの楽しさがいっぱいつまった絵本!
  • デパートいきタイ せとうちたいこさん (絵本・ちいさななかまたち)

    著者/編集: 長野ヒデ子
    なんでもやってみたいタイのたいこさん。はじめてデパートにでかけてウキウキ…。
  • すっぽんぽんのすけデパートへいくのまき

    著者/編集: もとしたいづみ, 荒井良二
    ちょんまげ&すっぽんぽんで活躍する大人気キャラクターすっぽんぽんのすけ。待望のシリーズ3作目ができあがりました。 今回の舞台は子どもたちも大好きなデパート。そこで大暴れする忍者と対決するすっぽんぽんのすけ。勧善懲悪で読んだ後はすっきり爽快!
  • デパートのうえのたかちゃん

    著者/編集: あらい靜枝
    かつて東京日本橋のデパートの屋上に、ゾウがいたのをご存じだろうか。 昭和25年、タイからやってきた子ゾウは「たかちゃん」と名づけられ、29年に動物園に寄贈されるまで、子供から大人まで人気を集めた。 その話題は、アメリカの雑誌にも紹介されたほどだ。 そのたかちゃんと同い年である著者は、家族に連れられたびたび屋上を訪れては、たかちゃんの背中に乗ったり、芸を見たりして、楽しい時間を過ごした。 本書は、そのたかちゃんと35年ぶりに再会した著者との間に起こった、感動実話を絵本にしたもの。 大人になるにつれ様々な経験を積み、時に辛いことに遭遇することもある。 しかし、懸命に生きていると、思いがけず素敵な出会いや嬉しい出来事が起こる。 愛らしい絵が物語を彩る本書は、めまぐるしい日常で失いかけた清らかな心を取り戻してくれる。 不思議と活力が湧く絵本だ。
  • へんしんデパートだれがいちばんにあうかな?

    たかてらかよ (著), 浅沼とおる (イラスト)
    この本の使い方 1、だれの変身がいちばん似合うのか選んでね。 2、エレベーターガールになりきって「◯かい◯◯売り場でございまぁす♪」と読むと盛り上がるよ。 3、「おじいちゃんの髪型イカしてるね! かっこいい」などと話し合ってもいいよ。
  • びっくり!どうぶつデパート

    びっくり!どうぶつデパート
    価格:1,404円(税込、送料別)

    びっくり! どうぶつデパート

    サトシン/作 スギヤマカナヨ/絵
    デパートに行ったら、あれあれ、なぜか動物がいっぱい!? パンダさんが、好きな洋服の模様はなんでしょう? うさぎさんが、寝坊しないように買ったものはなんでしょう? 動物たちの買い物を見学しながら、デパート中をわくわく探検してみよう!

デパートガイド・買い物・その他

  • 胸騒ぎのデパート

    著者/編集: 寺坂直毅
    デパートメントストアはエンターテインメントだ! 全国各地のデパートをガイドするはじめての本。豪華絢爛の内装のデパート,温泉のあるデパート,烏骨鶏を飼育するデパートなど,デパートの魅力満載。
  • デパートB1物語

    デパートB1物語
    価格:713円(税込、送料別)

    デパートB1物語

    著者/編集: 吉田菊次郎
    膨大な食品・食材が集結する美食のパラダイス、デパート食料品売場。食のプロとして長年B1に携わってきた著者が、その魅力と全貌を描く。デパ地下ファン必読の一冊! シビアな商戦、コワい人のクレーム、ショーケースに忍び込む“グルメな奴ら”、一期一会の出会い……。デパートB1・食料品売り場は、まさに筋書きのないドラマの舞台。泣き笑いのエピソードをまじえつつ、その成り立ち、歴史、四季おりおりの商戦の表情、そして日本の職文化に果たす役割を、時におかしく、時にマジメに語りつくす。食のパラダイスの魅力と全貌がわかる、すべてのデパ地下ファン必読!の一冊。
  • 百貨店で〈趣味〉を買う

    著者/編集: 神野 由紀
    風流道具、人形玩具…。百貨店で販売された商品を取り上げ、その背後にある〈良い趣味〉を読み解き、その活動を考える。
  • 川島屋百貨店

    著者/編集: 川島 蓉子
    マーケティングのプロであり、無類の買い物好きでもある著者が、今おしゃれでお買い得な商品を、オールカラーで一挙ご紹介。眺めるだけで楽しい1冊です。
  • あのころのデパート

    著者/編集: 長野まゆみ
    大食堂でお子様ランチを食べたら、屋上遊園地へ。かつて家族の贅沢な楽しみだったデパートも、時代と共に変わってきました。百貨店の成り立ち、包装紙のオキテ、店員のおじぎの角度や独特の言葉遣い、店内アナウンスや雨が降った時にかかる曲名まで、勤務経験者でないと知り得ないデパートの秘密いっぱいの愉しい読み物。
  • 迷子になったら三越に行けばいい

    著者/編集: 河島司
    意気揚々と海外を闊歩する“じいさまと孫”の抱腹絶倒、爆笑のヨーロッパ旅日記! 「…なあに、旅行代金は全部向こうが持ってくれる。あとはじいさまの突拍子もない行動を許す度量さえあればいいのだ」──大正10年生まれのじいさまと、昭和52年生まれの僕。第1部「ロンドン・パリ旅行記編」では、日本出発前に貨物列車脱線事故で、あやうく空港への道が閉ざされかかり、ロンドンではじいさまが行方不明に…。第2部「春のイタリア珍道中編」でも“ナポリを見て泣けっ、叫べっ、そして死ねぇぇぇ!!”など、二人の行く先には、いつもお笑いネタが満載。ひとしきり笑い転げた後は、妙に旅に出たい気分になること間違いなしの愉快な旅行記。